Outbound Port 25 Blocking(通称OB25B)というのを、皆さん一度は聞いたことがあると思います。
Outbound Port 25 Blocking とは?
詳しくは上の参考サイト等を見ていただくとして、要するに迷惑メール対策で25番のポートからメールを送信できなくするシステムです。
影響が出るのは、自分の回線以外のメールサーバを使ったメールの送信(例えばレンタルサーバとか)は587ポートで送信するなどして回避する必要があります。

で、プロバイダによりますけど自宅サーバのメールサーバも勿論影響を受けてしまいます。
そうなるとLogwatchは勿論の事、せっかく構築したメールサーバが受信専用のサーバとなってしまうのでサーバにも対策を取る必要があります。

OutboundPort25Blockingに対応(サブミッションポート)
サブミッションポートも開く方は、こちらを参考にしてください。
対策方法ですが、今まで
[ 送信者 ] → [ 自宅メール鯖 ] → [ 相手メール鯖 ] → [ 相手 ]

となっていた所を
[ 送信者 ] → [ 自宅メール鯖 ] → [プロバイダ鯖へ転送] → [ 相手メール鯖 ] → [ 相手 ]

という風に、プロバイダのサーバを経由するように設定する事でメールの送信を可能にします。

さて、いざ構築ですが途中までqmailのインストールと同じなので、
[CentOS,qmail] SMTP&POPサーバ構築
こちらを参考に、
qmailのインストールだけは済ませておいて下さい。
既にインストールしている方は「error.h」の修正の後、以下に続きます。

qmailをOB25Bに対応させる
error.hの修正が完了している事とする

# make qmail-remote
※qmail-remoteをコンパイル

# install -m 711 qmail-remote /var/qmail/bin/qmail-remote
※qmail-remoteをインストール

# vi /var/qmail/control/smtproutes
※転送時に使用するサーバ、ID、パスワードが記載されたファイルを作成
echo :SMTPサーバー名:587 ユーザー名 パスワード
※各項目はプロバイダの設定、最初に渡されたID、パスワードを参考に設定を行う


以上になります。
プロバイダによっては、SMTPサーバがサブミッションポート(587ポートの事)を使用する場合のみ、アドレスが違うという場合もあるのでケースバイケースで合わせて下さい。

構築後、新規インストールの最中の方は
[CentOS,qmail] SMTP&POPサーバ構築
を参考に構築を完了させちゃってください。

設定が問題なければ、メールの配信がうまくいくはずですヾ(゚∀゚)ノ