構築したFTPサーバのポートを変更します。
例えば、外部用に既に21番でFTPサーバが立っているけども、もう一台立てたいけどルータのフォワード機能は使いたくないという方や、セキュリティ的にポートを変更するという方にオススメです。
Serviceに変更
# vi /etc/services
※Serviceにポート追加
ftp2121 2121/tcp
ftp2121 2121/udp
※適当な箇所に「ftp2121」は覚えやすい任意の名称で、「2121」は開きたいポート番号を指定


Proftpd起動スクリプト変更
# vi /etc/xinetd.d/xproftpd
※Proftpdの起動スクリプトを変更
service ftp
※変更
service ftp2121
※Serviceで追加した名称を設定


ポート変更完了
# /etc/rc.d/init.d/xinetd restart
※xinetdを再起動

これで、FTPサーバのポートが21番から2121番に変更になりました。
実際に接続して確認して下さい。

また、/etc/proftpd.confの中にportという項目があるのですが弄る必要はありません。
この箇所はstandaloneで設定している場合のみ有効になります。