本日無事にWindows7が発売されました(・∀・)
秋葉原や日本橋では大盛況だったようで、期待度がそのまま表れた感じですね。
【PC Watch】 秋葉原Windows 7 DSP版発売レポート 〜通りを埋め尽くすほどの行列
ついに「Windows 7」が発売開始、大阪・日本橋でんでんタウンの深夜販売イベントはどうなっていたのか? - GIGAZINE
Vistaの時はそんなに行列はなかった気がするんですが、Win7は何故か前評判が良かったのもあって大行列が出来ています。
確かに実際使って見て良かったので、評判偽りなしでしたヾ(゚∀゚)ノ
この不景気に行列が出来るっていうのは、消費が進んで良いことですね。
その煽りをくらってかメモリが高くなってしまいましたが、ぶっちゃけメモリは今までが安すぎたので正常値に戻った感じです。
台湾でも少し前にメモリ会社が大合併しましたし、メモリ会社が潰れると今は割とよいSAMSUNGあたりがサボりだすのでたくさんの会社に頑張って頂きたいです!

今回もエディションが複数あって分かり辛いんですが、Microsoftが比較表をだしてくれています。
Microsoft Store Japan - Windows 7 機能比較一覧表
Microsoft Store Japan - Windows 7 エディション別おすすめ機能
フル機能を使いたければUltimate、またはライセンス契約でのEnterpriseを購入して下さい。
この2つは配布形式の違いで名前が違うだけで一緒です。
多言語対応やドライブ暗号化のBitlockerがいらない方はProfessional、リモートデスクトップやドメイン参加、XPモードを使わない場合はHomePremiumを買いましょう(・∀・)
とりあえず体感したいという人はStaeterでも良いと思いますが、買う意味あんのかなアレ。
尚、今回Microsoftはだいぶ本気のようでVistaやXPでの違いも公開しています。
Microsoft Store Japan - Windows 7 Windows XP および Windows Vista との違い
ぶっちゃけ、この機能全部いらない人はXPやVistaのままで良いと思います。
事実オイラの会社はXPのまま移行しません。
一気に移行するとオイラが死ぬという現実もあるんですが、会社としても今んとこは必要ナシという判断です。
ライセンス費もバカになりませんしね。
かといって10年前のOSにいつまでも頼るわけにはいかないので、再来年までには移行完了したいですけどね。

更に販売形態として旧OSを持ってる方用のパッケージ版、アップグレード版、PCパーツと抱き合わせて購入するDSP版が存在します。
その他ライセンス版もあるんですが、一般的ではないのでここでは省きます。
DSP版はXPからの販売形式でFDDとの組み合わせが最もポピュラーでしたが、今のご時世FDDはないと思ってたら割とあるそうです。
この購入形態の違いが分かりにくいので補足しておきます。

DSP版
  • 32bitと64bitでパッケージが別売
  • 新規インストールが可能
  • 抱き合わせで買ったパーツと一緒に使う制限がある
  • 安価
  • 新規ライセンス
アップグレード版
  • 32bitと64bitが同梱される(※2ライセンスではないので別PCに入れるとNG)
  • 新規インストール不可
  • パーツ制限なし
  • DSPよりちょっと高め
  • アップグレード元のライセンスを引き継ぐ
パッケージ版
  • 32bitと64bitが同梱される(※2ライセンスではないので別PCに入れるとNG)
  • 新規インストールが可能
  • パーツ制限なし
  • DSPよりかなり高め
  • 新規ライセンス
大まかに書くとこんな感じです。
XPやVistaを持っている人は、旧OSインストール→Win7インストールという手間がかかりますがアップグレード版が一番良い選択だと思います。
32bitと64bitが同梱するので「今はPCの性能がイマイチなので32bit、今後パワーアップしたら64bit」という使い方が出来ますしね。
パッケージ版が何の縛りもないのは当たり前ですが、ちょっと高いです…。
尚、アップグレード版はOSの設定を引き継がずwindows.oldフォルダに必要なデータが格納されるのみで基本は新規みたいなものなので、ご安心下さい。

オイラは既に会社では弄り回してるんですが、家PCはDSPかアップグレードかで悩んだ結果、結局実家の会社経由で購入する事にしました。
ライセンス契約最高(・∀・)
とは言っても、カスペ2010が正式にWin7に対応していないので12月頃に購入する予定で見積りを取ってもらってる段階なんですけどね。
Windows 7対応のご案内 | サポート情報 | JUST Kasperskyポータル
カスペ遅すぎるよ…早くしろよ…。
なので家ではまだ評価版+MSSEで凌いでいます。
会社でもMSSEを使ってるんですが、一抹の不安があるのでEndpointProtection早く対応しないかなー?
今日Win7出たからナレッジベース更新してるかも!と思って見たんですが、
SEP や SEPM の Windows 7 への対応状況
何も変わっちゃいねぇ…。
ヤル気あんのかシマンテック。

かなり良いOSなのは間違いないのですが、既にeOpen経由でRTMリリースされてから即インストールしたので弄り回してたら満足してしまった感は否めません…(・∀・;)
ちゃんとスペックさえあれば良い動作をするのでオススメですよ。
因みに個人的にオススメはのはDDR2なら8GB積んで、DDR3なら12GB積んでの64bit版がオススメですヾ(゚∀゚)ノ
WOW64のお陰でアプリは殆ど問題なく動きますし、機器さえ対応してたら問題なしです。
でもその機器が、例えばキャプチャボードとかは64bit非対応でリリース予定もなかったりするのは悔しいですよね…SoundBlasterも一部出てないみたいで。
オイラはSound Blaster X-Fi Titaniumだったので助かりました(・∀・)
何で64bitが良いかというと、メモリを最大限使える点です。
32bitではメモリは3.5GBくらいしか使えないのに対し、64bitではHomePremiumでさえも16GBに対応しています。
64ビット版 Windows 7 | 商品ラインアップ | 個人向け | VAIOパーソナルコンピューター | ソニー
そうなればSuperFetchでキャッシュして高速化起動出来ますし、全体的にキビキビ動くという印象です。
因みにSuperFetchの先読みのせいでメモリがなくなるという記事がありますが間違いです。
Windows Vistaの仕組みを学ぶ【SuperFetch/ReadyBoost/ReadyDrive編】
これはSuperFetchでフルに浸かってても空いてる領域を有効活用するものでメモリが必要であればその分を空けるという素晴らしいシステムなんですが何でダメな評価になってるんでしょうね?

XPからの移行組はかなり面倒でしょうけど、そのうち慣れると思うので頑張って使ってください。
慣れたらめちゃめちゃ使いやすいですヾ(゚∀゚)ノ

窓の杜 - 【特集】発売記念! “Windows 7”の新機能を堪能できる専用フリーソフトカタログ
foobar2000のプラグイン出てたのかΣ(゚Д゚)
さっそく導入してみます。
あと、ジャンプリストを使ったランチャーはかなり良さそうなので更新止まってるorchisから乗り換えるかなー。