"侘寂" Archives

書きたいときに、書きたいモノを書こう

感想文


いつ書くかはオイラの気分次第。
書きたいときに書く不安定感想文!(・∀・)
の時間がやってまいりました。
初めてするのに今まであったよ的な流れなのがミソです。

端的に言うとダブルオーのレビューとかと似たようなものです。
今週はたまたま暇つぶしで買ったサンデーで、金剛番長が悪魔化したので思わず書いてしまいました。
1816f29c.jpg奇跡の復活をとげるも、マシン番長にアッサリ負けそうになってしまう金剛番長。
マシン番長は金剛番長の兄(サリーちゃんパパみたいな髪型の人)をベースに作られたので、今の金剛番長でも勝てない。
しかし金剛番長には秘策があった!

というのが前回までのお話で、今週は1話丸々防御体制でタメをしてました。
ソニックブームとか出すためのしゃがみ防御みたいな物を、話しながらフルボッコにされながら1話ずーっとしてたと思ってください。
結果、マシン番長を説得するのかと思いきや暴走。
もう駄目かという時に秘策へのタメ時間が終了し、荒殴零猛怒(あらくれもーど)が発動しました。

なんかどう見ても退治される側にしか見えないのはオイラだけですか。
金剛一族は人間というカテゴリーから外すべきだと思います。

オイラ、秘策って何かの技だと思ってました。
金剛番長のお父さんが10Mくらいの大きさがあるとか、ミサイルが効かない人とか、恐竜だったりとか、、ロボットが出てきたりとかしましたが基本的には人間同士の対決ですし。
それがまさか、主人公がフリーザと同じような変身をするのは予想できませんでした。
しかも全体的に悪魔っぽいせいか、火を噴きそうな感じですよね。
一発の業火で校舎が消滅する威力で。
そんで、かわされても大きくなった手が伸びて、鋭い爪で相手を切り裂くんですよ。
万が一反撃されても、鋼の肉体でダメージすら与えられず、遠距離攻撃は知ったことか!で全て無効化
その圧倒的な力の前に倒れた番長達を見下しながら、
「勇者がその様では筋が通ってねぇぜ!!グハハハハハ!!!!」
とか言いながら。
しかし、傷ついた今まで敗れ去った番長達と共に悪魔を倒し、世界に平和が訪れるんです。
・・・あれ(゚Д゚)?

という冗談は置いといて、荒殴零猛怒は容姿的に暴走のイメージもありますが、どうも全体的なパワーアップをしただけで暴走ではないみたいです。
今んとこちゃんと喋ってるし。
本当にフリーザ第二形態にしか見えなくなってきましたが。
ただ、このタイプはスピードが遅くなって的になるという展開がお決まりなんですが、来週に期待ですねヾ(゚∀゚)ノ
やはり、知ったことか!で済ませてしまうんでしょうか。

もうここまで来ると、今まで番町戦は何だったんでしょうね・・・。
白薔薇番長とかいましたよね。
彼は早々に帰郷して正解でしたよ。
変に残ってたらガンマン番長とかみたいに悲惨な感じで負けちゃいますし。

さて、こっからは予想ですが倒されたマシン番長は仲間にはならないような気がします。
月美との接点をどうするのかにもよりますけど、そこは涙のお別れかな。
ていうか、あんな強いの仲間になっちゃったら他の仲間いらなくなりますし。
サリーパパをベースに作られたという設定や、途中でそのサリーパパよりも強いとか語られている時点で危険です。
流れとしては、当人と戦って何も出来ずに破壊されるという流れになりそうですね。
金剛番長も「対兄貴用」として荒殴零猛怒を用意しましたが、あの一族はちょっと遺伝子的におかしいので、似たような変形が出来ると考えた方が妥当です。
マシン番長はサリーパパ第一形態を超えたに過ぎなかった・・・ッ!
みたいな流れになったら、もう丸ハゲ番長とかもついてこれなさそうな感じですが。
どうなるんでしょ?

そういや、金剛番長を除いて15番長が出てきたわけですが、残り8番長しかいません。
その内一人はサリーパパでしょうし、残り7番長かぁ・・・。
4番長くらいはかませ犬になるとしたら、なんか来年いっぱいくらいには終わってしまうかもですね。
面白いだけに残念です。
が、裏番長とか出てきても萎えますし、短くても内容の濃い漫画のあり方もイイと思うんですよ。
変にダラダラ続けるほうがつまんなくなりますし、今の路線をつっぱしって欲しいですねヾ(゚∀゚)ノ


20081002_01.jpg最初に言っておきます。

最終回に限っては駄作でした。

最終回に限っては駄作でした。(確認)

何なんだあの最後はヽ(`Д´)ノ!!!

実はXATサイドで一番強いヘルマンが死に、遺志を継いだマレクが
「アンタは僕より弱い!そんなアンタに負けるわけがない!!」
とか大層な事をザーギンに言いますが結果何も出来ずに敗北し、マレクピンチの時にジョセフが最後の最後でザーギンと決着を着ける!
という引きで終わった前回ですが、今思えばあのまま最終回にしとけばよかったんですよ。
マレクは時間稼ぎという大役を担っていたんで、負けは全く問題なかったんですが言ってることがスケール大きすぎるんですよね。
「俺は将来ビッグになる」とかと同じレベル。

そもそもヘルマンとジョセフが共闘していればザーギンに対抗出来そうなもんなんですが、ゲルト殺害の誤解がありましたしね。
ヘルマンはウォルフを倒すのが目的でしたし、ジョセフはヘルマンの事を殆ど知らないので無理はないんですけど、なんだかなー。
これならヘルマン生かしといて、最終話でジョセフの力を借りてゲルトが大復活!
ゲルト(ジョセフ)とザーギンが相打ちになり、瀕死のヘルマンがマレクとアマンダに別れを告げて消滅っていう流れの方がよっぽど良かったと思うんですよ。
それが本編ではゲルト殺害の誤解が解けたのが最終回っていくら何でも遅すぎるだろ。
しかも思念体みたいになった本人から言われて、やっと納得するとか。

で、Wikipediaの項目を読むまで主人公だと分からなかった影の薄いジョセフさんなんですが。
25話中瀕死になること数度という実績から実は弱い部類に入るブラスレイターなんじゃないかと思われるジョセフさんですが。
ザーギン以外のブラスレイターと殆ど戦っていない上に、倒したブラスレイターはゲルトとスノウという味方サイドしか倒していないジョセフさんなんですが。
スノウが死んでた事にびっくりしたのはオイラだけではないハズです。
ザーギンと数回対峙する時は倒れている印象しかないジョセフさんなんですが。
なんでこんな人、主人公にしたんだろ。

結局、ザーギンを倒す所かダメージを与える事も出来ませんでした。
ジョセフの体を借りて一時的な復活を果たしたゲルト(幽霊)でさえ触手を切ったりしてましたし、最強ヘルマン(幽霊)に至っては結構イイ勝負してましたよ。
ジョセフ・・・何て駄目な子。

物語の大筋としては、
いつの間にか他のブラスレイターの使えるようになったジョセフはマレクの高速移動を武器にザーギンと対決するも、アッサリ触手に捕まって小突かれて瀕死に
ドイツ全土を焦土と化す国連軍の爆撃機を撃破すべく、アポカリプスナイツ出撃、戦闘開始
その頃、ちょっと小突かれた程度で瀕死になったジョセフは幽霊化したゲルトの力を借りて大復活しますが、突然すぎる力の発現に視聴者置いてけぼり
アポカリプスナイツは爆撃機撃破するもサーシャが機体もろとも爆死、爆撃機の中から戦闘機出現
ゲルト敗北、続いてヘルマン出撃!
戦闘機撃破するもメイフォン爆死、機械と融合して神になったと喜んでたヴィクターは原因不明のショック死
ヘルマン敗北、ジョセフ復活してザーギンを凌ぐ力を手に入れたと豪語するも普通に敗北
ジョセフの塵を浴びたザーギン及びブラスレイター軍団消滅

5年後、みんな死んだけど思念体でいつでも会えるよ!機械化してる人もみんな!!
よかったねー(END)

細かいところは間違っているかもですが、大筋こんな感じです。
ふざけるのもいい加減にして頂きたい。

特に最後の方は特に酷かったです。
ジョセフはご大層に「俺はお前の力を超えた!」とか何とか言っちゃってるんですよ。
それまでの24話でそんな力を手に入れる前フリは一切ないというか、そもそもジョセフは動いてるより寝てる時間の方が多いですし。
最終話でいきなりマレクの高速移動を使えるようになった時も、理由が全く不明のまま敗北してまた寝ましたしね。
で、起き上がったらパワーアップしてたとか、寝てただけなのに。

最後の対決をするんですが、大方の予想通り串刺しになって負けるジョセフ、勝ち誇るザーギン。
で、ジョセフが何かブツブツ言った後に死んで塵になるんですが、その塵にアンチナノマシンの効果が残ってて浴びたブラスレイターは全滅するというしっくりこない決着でした。
分かるんですよ、血を浴びせる余裕がないので自身を犠牲にするというのも分かるんです。
でもね、もーちょっと善戦しても良かったと思うんですよ。
毎度毎度ザーギンザーギンと地べたから唸っているだけのジョセフなんで、最後くらいはと思うじゃないですか。
ていうか、負けて死ぬのが目的ならザーギンの力超えたのくだりは不要だったと思うんですよ。
期待させるだけさせといて結局負けるのかと。
悪い意味で裏切られました。

で、ザーギン一派消滅後5年が経過してXATは再び立ち直るわけです。
司令官質にはXAT第二班とレーネの遺影がっておい!第一班や第三班は無視かよ!
三班は仲間にミサイルぶち込んだアホとレーネしか見てないので仕方ないとしても、一班は身を挺して助けてくれた仲間なんですが、随分酷い扱いですね。
命を懸けてアマンダとヘルマンを逃してくれた仲間でしたが、アマンダの中ではそんなに大きくない存在だったという事でしょう。
そんな鬼アマンダは教官になって「鬼教官」と呼ばれていました。
アマンダが立て直したのに教官という立場で止まっているのは彼女が希望したからなんでしょうね。
教官の任務を終えたアマンダの希望は退役だったんですが、19歳になったマレクがXATに入りコンビを組まないかとの要請に快く快諾するアマンダ。
唯一の家族に重大な事を秘密にされていたのに、随分嬉しそうです。
マレクを探しに行くと、そこにはジョセフと見間違うくらい成長したマレクの姿が!
と、ここまでは良かったんです。

最後の最後で、融合体のケアを目的としたプログラム(エレアと同類)が死んだ融合体とも会える機能を持っているんです。
どんな超絶イタコ機能やねんと突っ込みたくなりますが、アマンダは目出度くヘルマンやジョセフと再会します。
そこにはメイフォンやシド、そんで何故か敵役だったウォルフやザーギンまで。
って確かブラスレイター専用と話していたんですが、メイフォン達はサイボーグなんですが、ってかレーネに至っては生身の人間なんですが・・・何故そこにいるんでしょう?
ウォルフにブラスレイター化されそうになって自滅したからブラスレイター扱い?
そこらへんの線引きが曖昧すぎて、最初から「超イタコ機能搭載」でいいんじゃなかったのかなーと思えて仕方ありません。

で、本来なら絶対に会いたくないであろう敵役だった人たちまでいたって事は強制償還なんでしょうね。
ザーギンは遠すぎて顔は分かりませんでしたが、ウォルフに至ってはすんごいバツの悪そうな顔をしてましたしねー。
当たり前といえば当たり前なんですが、負け犬に拒否権なしって事ですかね。
尚、この方達はいつでもプログラムを通して会うことができるみたいです。
ワー、ヨカッタネー(棒読み)。

という、死んでいった仲間達の背中を超えて!
とかそういう感じの感動は一気にさめていくのを感じるという複雑な最終回でした。
元々、バンバン死ぬ割にはそういう描写はあんましないアニメだったんですけどね・・・。
ああ、ちなみにアニメーションは最初から最後まで全く劣化なしだったので、そこに関しては非常によく出来たアニメだったと思います。
逆に言うとそこだけが見所のアニメでした。

そーいや、国連軍の最新鋭爆撃機を撃破しちゃったんですが、どーなるんでしょうね。
ドイツに知らせずに出撃させたから文句も言えないので複雑でしょうね。
撃破したツヴェルフは存在しないわけですし、ドイツからすれば国連が勝手に自国を殲滅しようとした事になるので、一気にドイツと国連の緊張が高まりそうですが。
ああ、XATがブラスレイターの救出とか言いつつも前より明らかに規模が大きいのは、そういう有事の際の即戦力になるからってのもありそうですね。
マレクはブラスレイターなままですし。
通常兵器は殆ど効きませんし、更に機械を乗っ取れるという性質から考えようでは世界最強戦力になるわけですし。
うわ、なんかそっちの方がみたいかも。


20080919_01.jpg発売日に購入して、途中で挫折したワンダと巨像を久しぶりに再プレイしてクリアしましたヾ(゚∀゚)ノ
そして同時に結婚してから始めてPS2を動かしたんです。
久しぶりに動かしたPS2はメモリーカード1番が時々認識しなかったり、同2番は全く認識しなかったり、コントローラーが壊れてたりと割と散々な状況でした。
ああ、寿命の日は近いのかと思った初日でした。
まぁ、ゲーム自体は無事に動いたので良しとしましょう(゚∀゚)

挫折の原因は、7匹目あたりのナマズがどーやっても掴めなかったんです。
最近、色々プレイ動画を見て掴み方が分かったので再チャレンジしてよう!と思いつつ月日は流れ、先日なんとなく引っ張り出して今に至るというワケです。
ナマズ攻略後、最後まで一気に突っ走ってしまいました。
16体目のジオングのデカさと威圧感は異常です。
あとワンダの身体能力とアグロのタフさもタイガイですけど。
攻略法を見ずに突っ込んでビームの直撃を食らって吹き飛ばされたり、ボタン間違えて落下したりしましたが、何とかかんとかクリアしました。
色々なトコロで公開されている解説ムービーでは簡単そうにやってるのがスゴイですよね。

個人的に絶望感が一番だったのは最初の巨人でした。
「ちょwwwこんなデカいのどーやって倒すんだよwwwwww」
とか思ってビビリながら攻略したもんです。
二体目の巨人も足の裏が弱点なんですが、近寄るのが怖くて遠距離でバシバシ弓で攻撃してました。
ちなみにそんな攻撃は全く効きません。
でも全部やりきると慣れてしまうので、2週目とかタイムアタックでは巨像の真下に潜り込んで足が狙えるようになってたので、慣れとは恐ろしいものです。

ちなみに一番嫌いな巨像は9体目の亀です。
攻略サイト見るまで蜘蛛だと思ってましたが、そもそも足が4本なのに何故蜘蛛だと思ったんでしょうか?
あれは間欠泉でひっくり返す上に、攻撃のレンジが割と長いので嫌いでした。
アグロがどんだけ盾になって倒れた事か(´Д⊂グスン
あとは潜る系もあんまり好きじゃないですね・・・、オイラが過去つまった6体目のナマズはワンダがしがみ付いてるのに途中で飽きて通常モードになるんですよ。
そうなるともっかい掴みなおさないといけないので、非常に面倒でした。

逆に好きな巨像は13体目のドラゴンです。
敵も大きくて迫力もあるし、アグロに乗って飛び移る必要があるんですが、併走してるときとか雰囲気が好きでしたヾ(゚∀゚)ノ
上空飛んでるドラゴンのお腹にに矢をヒットさせた時の快感が素敵ですよね。
後半の巨像で攻略のヒントむき出しなのが笑えてしまいました。
あとは、大鷲の巨像とかも好きでしたねー。

既に1週目クリアして、タイムアタックも全てやりきりました。
順当にいけば次はハードなんですが、やっぱり手に入れたアイテムを駆使して巨像を苛めたい倒したいので、頑張って2周目をしています。
巨像からワンダが見えなくなるアイテムで15体目を堂々と歩いて接近するのが今の目標ですヾ(゚∀゚)ノ
その後はハード・・・まで気力が持つかは不明ですが楽しめるトコロまで楽しみたいですね。

もう既に発売されて2年以上経過してるので今更ネタバレもないと思うので普通に書きますが、巨像倒した後に聞こえる声はワンダが生き返らせたい女の子の声みたいですね。
内容は聞き取れませんが、どうやらワンダの行為を止めているようです。
ワンダと巨像 プレイ日記:ストーリー解釈
ここの方の解釈では、ワンダの命を女の子に与え、ドルミンは巨像を倒すごとにワンダを乗っ取っていくとみたいな解釈が凄く面白くて、確かにそうかも!と思える内容でした。
だから最後に女の子は生き返ったという理由にもなりますもんね。
オイラは深く考えずに、ドルミンが気まぐれで生き返らせたけど、あと5分眠らせてくれの原理で目覚めるのが全て終わった後になったと思っていました。
いろんな意味で台無しですね、すいません。
あとは禁断の地=あの世という解釈も、個人的には衝撃的な解釈でした。
とても面白かったので、ワンダ好きの方はぜひ読んでみてくださいヾ(゚∀゚)ノ

グラフィックは最近のPS2とかパソコンに比べたら落ちますけど、十分に綺麗ですし楽しめるないようでした。
いやー、本当に今更なんですが楽しかったです。
で、同じ世界観のICOをしようと思ったらGPL違反で販売停止になっているという・・・。
オークションでも中古でもベストが定価よりも高く販売されているので、ちょっと買うのはどうしようか悩んでいるところです。
うーん、どうしよっかな。


20080630_01.jpg「映画館に行くほどではないけど、見てみたいなー」
って思ってたんですが、少し前にWOWOWでやってたのを録画してたので、改めて見ました。
一言で説明すると「万能超人主人公の暗殺劇」っていう感じ。
いやマジで。

ちなみにストーリーはかなりマッチョな感じなんで、ストーリー性を求める人には全くオススメできません
が、個人的にはなかなか面白かったですよ(゚∀゚)

ネタバレ含むんで注意してください。

はじまりは物語より少し前、万能超人主人公(スワガーさん)がまだ超スナイパーだった頃からはじまります。
戦場で相棒と任務に就いていたスワガーさんは、そこでの戦闘で超絶的なスナイピングを見せて70人も仕留めたり、生身でヘリを落としたりとチート状態だったのですが、多勢に無勢もある上に上層部から見殺しにされてしまいます。
その上、相棒はヘリとの戦闘で死んでしまい、生き延びたスガワーさんは山奥に犬と引篭もり生活を送ることになります。

そんな引篭もり主人公の元へ軍の大佐が訪れ、
「大統領暗殺阻止計画があり、その方法が長距離からの狙撃によるものだと分かっている。暗殺阻止の為に暗殺を計画して欲しい」
と依頼されます。
最初は嫌悪感丸出しだった主人公ですが、結局仕事を受けてしまいます。
その狙撃距離は忘れましたが一般ではまず無理な距離らしく、スワガーさんが試しに挑戦してみます。
ブランクがあるので、一発くらい外すのかと思ったら一発で命中して「いけそうだな」ってサラって言ってました。
さすがアメリカの超兵は一味違いますね。

そんなスワガーさんは現地調査をする必要があり、いくつかの都市を回ります。
結果、フィラデルフィアでは狙撃可能な要素が全て揃っているという結論に達し、当日の警護にも同行する事に。
大佐とか、その取巻きとかが俺、悪役なんだぜ!(゚∀゚)って感じの悪役顔なので裏切られるとは思っていたんですが、本当にアッサリ裏切られてしまいます。
更に狙撃も実行され、大統領は無事でしたが調印した大使が死亡してしまいました。
スワガーさんは振り向き様に肩とわき腹を撃たれてしまいます。
しかも敵はスワガーさんを犯人に仕立て上げるためにスワガーさんの狙撃銃まで持ち出して設置します。
普通、暗殺するのに自分の愛用している銃を持っていかないと思うんですが、そこは深く考えないようにします。

で、物語冒頭で特に何もしてない内から死にかけるスワガーさん、普通なら即死でもおかしくありません。
良くても出血多量で数時間ももたないでしょう。
ですが超兵スワガーさんは違います、持ち前のタフさで車を奪い逃げ切り、持ち前のタフさで応急処置もし、持ち前のタフさで元相棒の奥さんの元まで逃げます。
あまりのタフさに、人間であるかどうかも疑問に思います

応急処置の内容も止血だけではなく、消毒、回復作用があるらしい砂糖水の点滴、感染症の対策も完璧です。
更に奥さんの協力もあり、更なる完璧な治療と睡眠を取り、撃たれて2日半しか経過してないのにほぼ完全回復!!
ちなみに、この奥さんは冒頭で元相棒が看護師の学校に行くとか言ってて、いざ治療をお願いしたら
「私、血がダメなの、今は教師をしているの」
って、なかなかの冷徹ぶりを見せてくれます。
ていうか、血がダメなら看護師の話が出る時に旦那と相談すべきじゃないでしょうか。
ま、そんな奥さんもほぼ抵抗も葛藤もなくスワガーさんの治療をして血を克服したみたいなんですけどネ!

そんなパーフェクトスワガーさんは反撃に出ます。

まず、撃たれたばっかりのスワガーさんに投げられて車まで奪われた無能FBI捜査官がいます。
役柄なのは素なのかヤル気が感じられないオーラを出してるんですが、この人がスワガー効果で突然有能になっちゃいます。
この暗殺の矛盾点をどんどん突き止めていきます。
1.スワガーさん程の人が大統領から狙いを外すのは、当日の状況からして有り得ない。
2.スワガーさんを撃った人は「ビルからライフルの銃身が出てたので怪しいと思い進入した」とあるが、そもそも狙撃で銃身を外に出す必要はない。

等など、ごもっともな意見を上司に伝えます。
しかし、今までの無能振りが祟ったのか、誰にも相手にされません。

そんな言葉にも態度にもめげず、どんどん独自の捜査を進めていく新人さん。
遂には暗殺に使われた銃を突き止める等、かなりの働きをします。
が、そんな目立った行動をしていれば大佐の目にも入るわけで、捜査中に拉致られてフルボッコにされた挙句、自殺偽装装置で大ピンチ!

その時、犯人の一人が狙撃されて死亡します。
スワガーさんです、スワガーさんがやって来ました。
不安定なボートに立ち乗りしながら狙撃という超兵ここに有り!という感じで次々と犯人を仕留めていくスワガーさん。
新人さんを無事に救出します。
というか、どーも一部始終見てたみたいですけど。

新人さんと手を組んだスワガーさん。
敵方はソロソロ本気でマズいと思ったのか、囮を出してスワガーさんを家に誘き寄せ、取り囲んでのフルボッコ計画を考えます。
そのフルボッコする役になるのは24人の優秀な兵士達。
どっかからわざわざ呼び寄せたくらいですから、かなりの手練らしいです。

そんな罠を突入する前から見破っていたスワガーさん。
やっぱり一味違います。
爆弾とナパームを手作りで沢山製造し、その間に新人さんの訓練も行い、着々と準備を進めていきます。
新人さんはこの1回の訓練の末、優秀なスナイパーへと変貌します。
なんていうか、スワガー菌みたいなのに感染すると全員優秀になるんですかね?

そして準備万端のスワガーさんは囮がいる家に進入します。
その家には警護がいるんですが、全て狙撃ではなくナイフやサイレンサーピストルで仕留めていきます。
もうここまで来ると何でもありですね。
いよいよ囮との対面ですが、この囮の人は凄い狙撃手らしく対決を楽しみにしてたんですが、特に戦う事はなく重要機密事項をベラベラ一人で勝手に喋って自殺します。
しかもバレたら大佐はバックにいる議員もヤバい内容で、作戦が失敗した事を全く考えていない素晴らしい作戦です。

で、その優秀な24人の兵士とやらは何も出来ずにスワガーさんと新人さんによって全滅します。
ヘリまで持ち出してたのに手傷も負わせられないヘタレっぷりでした。
フルボッコ作戦は見事に失敗に終わり、スワガーさんは重要機密を録音までしてバッチリゲットです。
そんな時、奥さんが拉致られている事を知ったスワガーさんは、機密事項のレコーダーと奥さんの交換を提案します。
レコーダーなんて複製取ろうと思えばいくらでも取れるんですが、そんな事は言ってられない大佐は交換条件を飲みます。

その交換場所はなんと雪山

       / ̄ ̄\      
      /       \         
      |::::::        |   マジかよ、雪山はねーだろ・・・。
     . |:::::::::::     |    常識的に考えて・・・。
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━

大佐の気持ちはこんな感じだったんじゃないでしょうか。
相手から「見通しのいい所がいい」と言われたからって、雪山はいくらんでも極端すぎでしょ。
当日、山の天気が最悪だったらどうするツモリだったんでしょうか。延期?

で、到着する大佐と親玉議員、そこへノコノコと歩いてやってくる新人さんが!
しかし速攻狙撃されて倒れる新人さん。
( ゚Д゚)・・・。 (゚Д゚)
って感じだったのも束の間、その狙撃場所を特定し狙撃手をどんどん駆逐していくスワガーさん。
そして撃たれた新人さんはスワガー効果もあって普通に立ち上がってました。
淡々と進んでいるので気付きにくいですが、防弾チョッキを着てたとかそんな問題ではなく、相棒をアッサリ囮にするスワガーさんの冷徹さが凄いですよね。

で、奥さんを拉致った取巻きはスワガーさんの怒りをかったので指を吹き飛ばされました。
何故か笑う敵、笑ってる内に手を吹き飛ばされ、そのまま倒れこみました。
その後、奥さんに滅多撃ちにされてしまいます。
奥さんコエェェ・・・。

その後、そこで撃ち殺せばいいのにのんびり会話をしてたらFBIが雪山に。
そこでボイスレコーダーを捨てて
「この内容はヤバすぎる、聞かれたら誰も助からない!」
とか言って武器も投げ出して突然の完全降伏モードに。
話の展開っていうか、スワガーさんの態度の急変さについていけなかったんですが、FBIに((;゚Д゚)ガクガクブルブルみたいな感じでした。
そのままアッサリ捕まるスワガーさん御一行。

もう時間もないのにどうなるんだと思ってたら、FBI長官やらのお偉方が集まっている所にスワガーさん御一行が。
スワガーさんは自分が無罪である事の説明として、
自分のライフルが犯行現場にあったが、この銃は弾を発射出来ないようにしてあるので、暗殺出来るハズがない。

と主張します。
ていうか普通は硝煙反応とか調べると思うんですが、そこらへんの細工は全くしてない事にビックリです。
その上でレコーダーはないですが写真等で大佐の悪事を暴きます。

しかし、大佐のした事は重罪でも国外の犯罪なので国内では裁けないとの事で大佐は勝ち誇って退席。
スワガーさん御一行も無罪放免になりました。
しかし腹の虫が収まらないスワガーさんとFBI長官、特に依頼されたわけではないんでしょうけど、大佐と議員を暗殺します。
要するに「罪に出来ないなら殺しちゃえ☆」って感じですね。
大佐に至ってはあんだけ前フリがあったのに特に会話もなし。
議員は命乞いする所を射殺し、護衛の人もついでに射殺。
ついでのついでで、証拠隠滅って事でガス爆発によって家ごと爆破してミッションコンプリート。

奥さんの迎えの車に乗って物語りは終了します。
特にラブロマンスなし!
流石マッチョ映画なだけあって、そういうモノは一切排除する男らしさが素敵です。

最後の急展開は正直どーかなーって感じでしたけど、概ね面白かったですヾ(゚∀゚)ノ
セガール映画のような安定感ある主人公を久々に見ました。
続編は出ないでしょうけど、こういうマッチョな映画はたまに作って欲しいですね。


やっぱりダブルオー感想は追いつきませんでした(ノ∀`)タハー

割と以外だったのが、チリも残らないくらい大破したヒゲが無傷で生還し、グラハムも仮面付けてますが生還してました。
お前らの生命力はどこから来てるんだと問いたい。
反面、ロックオンは爆死、ティエリアもよく分からないけど死亡、アレルヤは多分生存したけどハレルヤは顔面負傷しただけで死亡、刹那はどっちだろう。
と、ソレスタルビーイング組はかなりの軟弱具合です。

最後の最後で写ってた人はティエリアじゃないんですよね?
あれティエリアだったら、太陽炉パージ→君の所へ行けるよロックオンの下りは僅か10分あまりで茶番劇になっちゃうので別人でしょう。
彼は人間じゃないみたいだし、綾波レイと同じような感じじゃないんですかね?

で、4年後の第二期が楽しみです。
本当にCB組は全員生き残っているのかとか、見逃せません。
ティエリアは2号がいるし、アレルヤは多分生存、エクシアが回収されてたので刹那も多分生きてるんでしょう。
で、ロックオンあたりは記憶喪失になって連邦にいたりしそうな気がするんですけど、どうでしょうか。
それはそれで某フラガさんと同じ展開になってしまうんですが。

後半、人員整理が激しすぎてナンダカナーって感じでしたけど、面白かったかな。
来週から始まるギアスR2がどうなるのかも楽しみですけど。
なんか噂では最初からやり直しっていう噂があって・・・それはそれでどうなんだよと・・・。
今度はしっかり終わる事を望みます。
なんとなく劇場版に続く展開になりそうだけどね!


今更ダブルオーの時間がやってまいりました。
ぶっちゃけ、先々週の話なんであんまし覚えていないのが難点ですが、頑張って思い出します。

ロックオン、意外に軽症
あんだけ豪快にコクピット付近を切り裂かれて、負った怪我はなんと右目だけ。
ロックオン的にはかなりの痛手ですが、右手もってかれたりするよりは良いんじゃないんでしょうか?
最近狙い打っても当たらないですし。

んで、結局治療してる時間はないって事で右目は治さない方向になったんですが、デュナメスは暫く行動不能。
壊れ方が半端ないので本格的な施設で直さないとダメみたいなので、その間に右目を治して貰った方がいいような気がします。
結局ハロとのコンビで何とかって、ロックオン攻撃側ですやん。
ぶっちゃけ、ハロが攻撃してロックオンが防御した方が・・・いや、それだと右側が全くの死角になるからダメなのか。
・・・ロックオン役立たず杉。


ユニオンのジンクス部隊名
どう考えても貰い物のMSに部隊名とか付けちゃうあたりが、流石合衆国ですね。
そんな部隊名考えるくらいなら、色分けした方がいいと思うんですけど。
このタイミングで人革連もオリジナル部隊を発表したら
「あれ?なんかMS全く一緒じゃね?」→「どっちかがパクったんだきっと」→「そりゃあ人革連には中国いるしな」
という流れになりそうな気がするのはオイラだけでしょうか。


擬似太陽路 on グラハムフラッグ
グラハムさん爆死フラグキタコレ
機体の耐久度とか、グラハム自身の耐久度とか、そこらへんを全部度外視して本当に乗せようとしている男・グラハムが素敵すぎてなりませんが、最近の著しい活躍度減少傾向から、前期で戦わないような気がしてきました。
てか、最終的にはスーパーグラハムになってガンダムを追い詰めるも、Gに機体が負けて爆死って気がします。
完全に乗り遅れた感がしなくもないです。


書くの飽きてきた。
やっぱり、コーラサワー復活とかいう、とんでもイベントがないとパワーが出ませんね。
まぁ、トリニティ3人組の内2人が死んだんですが、あれは予想の範囲内だったので活力にはなりませんねぇ。
てか、トリニティは感情移入できる程活躍してないっていうのが主な原因かも。


トリニティ壊滅への第一歩
先週の襲撃からは逃れれたものの、GNドライブにエネルギーはなく、ジリ貧なので王留美にヘルプを頼んだら
「もう無理、国連軍そっちに向かってるし」
とアッサリ返されて、兄貴涙目。
というかですね、何でキャンプしてないで即効助けを請わなかったのかが気になります。
なんか後手後手どころか、自分でピンチを招いてるみたいな。


で。
煙幕で逃げ切ったは良かったんですが、髭光臨。満を持して。
ラグナが髭に殺された事を聞かされて、即効殺される次男。
てか、ネーナをMS内に待機させてた意味は・・・?

その後の流れとしては、
ツヴァイ乗っ取られ→長男死亡→刹那登場→刹那フルボッコ→月面基地で冷凍睡眠イオリアもフルボッコ→トランザム発動→髭フルボッコ
という流れで終了します。
この割愛具合でオイラのやる気を察してください。

アレですね。
髭と長男&刹那の戦いは、突き詰めるとガンダムマイスター自身のパイロットとしての実力は大したことがないって事ですよ。
明らかに隠したMSに腕もってかれたり、苦戦してて、いざ同性能で戦ったら本当に歯が立たなかったと。
全てが格下っていうのは、Wガンダムが割りとそうだったんですよね。
今の状態は、Wで例えると全員カトル・ラバーバ・ウィナー状態ってやつかもしれません。
あのパイロット、機体共に微妙すぎる性能の人はなかなかいませんよ。
結局、テレビ放送では機体のパワーアップなし(マイナーチェンジのみ)でしたし、スパロボでも微妙でしたし。
同じ境遇で言えば、遠距離攻撃が9割以上を占める機体なのに最初から全弾発射して、弾がなくなったら命を諦めるスネオっぽい人もたいがいでしたけど。
おっと、話がそれましたね。

あとトランザムですが、冷凍睡眠時のイオリアが何者によって襲撃されると発動するみたいです。
発動条件が悪すぎてびっくりです。
しして、何というハニーポット。
しかも蜜の役割がイオリア自身ですから、ある意味究極のハニーポットですよね。
ハニーポットの詳細
ハニーポット (Honeypot) はもともと"蜜(の詰まった)壷"の意味。転じてコンピュータセキュリティ用語としては、不正アクセスを受けることに価値を持つシステムのことを指す。何らかの有益そうな情報や資源がありそうな場所を用意して、それにつられた者を観察したり、肝心な部分で被害を出さないために目を逸らさせたり、コンピュータ フォレンジックスを行うための証拠を集めたりする、一種の囮(おとり)手法に使われる。
Wikipediaより抜粋

要するに、悪意を持った第三者にとって甘い蜜(例えば重要ファイルとか)を用意して、本人はそれをゲットできて
「大満足!大成功!!俺天才!!!ヾ(゚∀゚)ノ」
とか思ってたら実はそれが罠だったという感じ。

今回のイオリアの場合、自分自身を囮にしてイオリア自身に何かあったら罠が発動するって感じですね。
自分自身を囮にする前に月面基地の端末を囮にした方が良かったような気がしますよ、イオリアさん。
既にガンダムチーム大変な事になってるし。
てか、あの銃撃でイオリアはどうなっちゃったんでしょうかね・・・?

というワケで、トランザム発動で髭がフルボッコにされて撤退していきました。
どんだけ頑丈やねん・・・。
よく分からないんですが、ビームサーベルで巨大剣を切断したって事は全体の出力が上がってるのかもしれません。
純粋に全部3倍だぜ!みたいな。

恐らく脚本の都合でいなくなってしまったトリニティは、1人残ってるので動きがあるのかな・・・。
今後に期待!
もうあと2話くらいしか残ってないけどな!!


最近、ちょっと旨みが出てきたキバです。

井上先生がはりきっているので、今から最終回が若干不安ですが、まぁ今面白かったら良しとしましょうか。
過去と現在を交互にするのはいいんですが、そのせいで物語の進み具合がやたら遅いのは気のせいでしょうか?
あと過去、というよりも紅音也が濃すぎるせいで現在が薄い

斬鬼さんがマジ外道
というか、マジで怪物というか。
現在では仲間というか、経緯はどうあれ主人公サイドのキャラがここまで悪なのは珍しいかも。
マジで食ってるし。
んで、初回では服がなくなってたのに、今回は服は無事になってました。
あそこでスッポンポンで
「俺も悲鳴を聞いて〜」
とか言ってたら、間違いなくド変態ですしね。
じゃあ、最初なんで斬鬼さんは裸を晒したんだとかいう謎にぶちあたるわけで。
やっぱ気分なんだろうか。

完璧主義者・名護
父親がミスったら、それを裏金として通報。
それって確認ミスという名のミスじゃないのか。と問いたいです。
それには一切触れず、自分の父親を一方的に犯罪者にして自殺にまで追い込むってのは、やっぱり嫌いなキャラになりそうです。
即ヘタれる事を希望しております。

バッシャー登場
普通にしゃべり口調が子供で、歩き方がどことなくリュウタロスでした。
子供でガンだからか!?
でも、声優としての演技は悲惨な事になってたので、そこで区別をしているんでしょうか?
最初敵対するのかと思ったら、既に仲間だったんですねぇ。

伯爵(コック)との色々
ソース勝手に追い出してクビの展開中、ずっと空中に停滞してた帽子の意味は一体。
もう、やり取り以前にあそこにしか目がいかなかったですよ!
そんで、vsファンガイヤになると、目の前で渡が変身したのにも関わらずリアクション一切なし。
「そうか、貴様がキバだったのか」
とか、そういう流れは作って欲しかったんですけどねぇ。
キバット戦わせてる時間あるなら、そういう演出にもっと拘ってほしいです。

合体執事ーズvsソウルドラゴン
最後の最後で自分の命すらも執事復活の為に捧げるなんて、泣けたで!
即効倒されたけど。
そんで、ソウルドラゴンはシューちゃんと合体すると本気モードになるらしく、火炎数発で相手グロッキー。
ソウルドラゴン強すぎるだろ・・・。
そんで最後の決めは龍騎の技をモロパクリという、なんというかコメントし辛い必殺技でした。

過去は昼ドラ展開
どうやって収集つけんだろこれ・・・。


今更ダブルオー感想の時間がやってまいりました。
そして22話が放映されて随分経つっていうか、明日23話なのに今更21話の感想です。

明日23話だし、かなり簡潔に。

絹江姉さんは死亡確認
あんな引きだったから「もしかしたら生きてるかも」という視聴者の期待はアッサリ裏切られました。
ていうか、冷静に考えてあの状況でヒゲが仕留め損ねるわけがないんですよね。
そして、主役格でもないのに一番不幸な目に会っている沙慈
スペイン(ルイスお見舞い)→日本(傷心)→人革連(姉死亡確認)→日本(傷心×2)
という、かなりヘビーな旅路をしてますよね。

ラグナ死亡
日の目を浴びることなく、即効始末されてしまいました。
結局トリニティを結成した理由とか、どうやってGNドライブゲットしたのかとか、そこらへんは全部分からずじまいと・・・。
なんとなく、トリニティ出してみたものの路線変更で脚本的に不要になったからポイという考えが見え隠れすんですが。

トリニティvsジンクス
ジンクス、20機しかないのにいきなり1機やられててびっくりしました。
トリニティは似非GNドライブなのでエネルギー補給が必要なのに、一番の武器が放出系ってどうやねん
と思ってたんですが、即効基地バレで破壊されたのでエネルギー補給が出来なくなってしまいました。
なんというか、高軌道型にするとか、そういう考えはなかったんでしょうか・・・。
そして、やっぱりトリニティはいらない子っぽいんですけど。

プトレマイオス組vsジンクス
こっちは1機少ないのは、ヒゲさんが貰ったんですかね?
今まで明らかに格下のMS相手に苦戦してきた人達が、同性能のMSに乗られると苦戦するのは当然の図式なんですが、歯が立たなさ過ぎてびっくりです。
その上、ヴェーダとのリンクが切れて大ピンチ!と思ったら、スメラギさんが容易してたバックアップシステムで華麗に復旧!!
って、いくら仕様書を持ってるからってそんな短時間で複製出来るシステムって、どうなんだろう。
あと不思議なのは、ハード的にあの月面基地からプトレマイオスへスイッチした事によって、ハードウェア的にダウンしてるハズなんですけど、その障害ってないんですかね?
例えばガンダム動かすのにかなりの誤差が生じるとか。
「狙い打てないぜ!」みたいな。
気にしすぎというか、職業病ですね(´・ω・`)
そんで、コーラサワーが大活躍してるんですが、活躍してる彼を見ると凄い違和感を感じるのはオイラだけなんでしょうか。
凄いよコーラサワー、本当にエースだったんだね。

ヴァーチェ再起動せず
というかティエリア再起動せずって感じですかね。
ヴェーダが全てだったティエリアがヴェーダとリンク出来なくなったのは、他のマイスターよりも精神的ダメージが大きいんでしょう。
どーも、今までの台詞からして人造人間っぽいですしね。
多分トリニティもそうなんじゃないかと。
んで緑アムロはそれのプロトタイプって感じでしょうか。
で、再起動せずに凹んでたら攻撃受けて、ロックオンが庇ってロックオン大ダメージ!!
ていうか、あの切り裂かれ方で消滅じゃなくてダメージなのは、追加防具の優秀性の現われですかね。
そのピンチを救ったのはマイスターではなく、GNアームズに乗ったええと、誰でしたっけ?
ここで刹那と合体して、超パワーでジンクス全滅だったら凄いなーと思ってたんですが、あっさり退却してしまいました。
まぁ、エネルギー有限ですしね。

というわけで、色々?で投げかけてみたんですが、全て既にバレているという空しさ!
そして急いで書いたので、なんかもうちょっと投げやりになってる感がするのは気のせいです。
明日の本放映までに22話の感想を書けたらなと思います。


もうすぐ前半が終わりそうなのに今更感想コーナー!
今更なんとなく書きたい気分になったんですが、動機がコーラサワーの素敵なアホぶりに感動してという割とどうしようもない理由なので、来週は書かないかもしれません。
でも技術ネタが枯渇気味な今、がんばろうと思います。

以下、20話のおおまかな流れ。

ルイスの腕は再生不可能
えええええ!!技術的には再生できるんですか!?
じゃあ先週の指輪ハメれない下りは何だったのかと問いたい。
再生出来ない事はルイスは事前に聞いてて絶望してたとしても、沙慈はその事を知らなかったわけで
「え?再生できるんじゃねぇの?(゚Д゚)」
と思いながら聞いてたんだろうかとか邪推してしまうオイラがいます。
看護婦さんの話だとGN粒子のせいで遺伝子情報が異常をきたしてるから再生出来ないって説明でしたけど、そんなもん大量に散布しまくっていいんでしょうか?

何気ない普通の冒頭でしたけど、もしかしてイオリア・シュヘンベルグの目的に繋がる複線だったりするのかなー。
ガンダムとかソレスタとかは完全なオマケで、実の目的はGN粒子による人類抹殺=戦争根絶だったりして。
GN粒子は人間の遺伝子のみに影響が出るから、動植物には影響が出なくて環境破壊のない平和な地球になるんだよヾ(゚∀゚)ノみたいな。
※完全な妄想です。

でも、それだと結果的にどこぞの東方先生と同じ事をやってる事になっちゃうんですけどね。
デビルガンダムがいるかいないの違いだけ。
万が一、当たったら褒めてください(゚∀゚)


AEU、ユニオン、人革連がGNドライブ&マシンゲット
しかしAEUエースのコーラサワーは
「世界の事なんか全然考えてませーん!貴女一筋!!」
と主要キャラとは思えない大胆発言をして、オイラの株が急上昇しました。
彼は愛すべきアホです。
ユニオンも人革連も真面目なので、1つくらいこういう勢力があってもいいと思うんですよ。戦術的には問題かもしれませんが、物語的に。
真面目担当はヒゲって事で。

あとグラハムさんは新型機に乗ることをアッサリ拒否。
先々週あたりに亡くなったハワードさんとの誓いで、フラッグファイターとして生きると決めたからってのが主な理由らしいですけど、カッコよすぎる。
いっそこの人を主人公にして別物語を展開させてもいいんじゃないかってくらいカッコいいですね。
カスタムフラッグにGNドライブ搭載すればいいんじゃね?
機体の技術的や強度的な問題は気合でカバーするとして、それはそれでフラッグじゃなくなるから駄目なのかなー。
最初は「フラッグ!?こんな枝みたいなMSねーよ!w」とか思ってたのに、最近はめちゃめちゃカッコ良く見えるのが不思議です。


元祖マイスター意気投合&GNアームズ完成
キュリオスの中の人は除く。
仲間ハズレとか!(´Д⊂グスン
そういえば前々から話題に出てたGNアームズが完成したみたいです。
1つだけって言ってたので、最初はエクシアに与えられてアヴァランチになるのかな?
もっと後に出ると思ってましたけど、よく考えたら前半で出しておかないと後半は半年後ですもんね。
これで30機しかない新型をバッタバッタと倒していくのが楽しみですヾ(゚∀゚)ノ
ライオン丸製MS倒される→GNドライブは無事→フラッグに付けるっていう流れにならないかな。


絹江姉さん死亡
ヒゲの車に乗った時点で死ぬとは思ってたけど、早かったですねぇ・・・。
死亡フラグがビンビンでしたけど、沙慈の事もあるし「もしかしたら死なないかも?」とか、適当に拉致監禁されて脅される筋書きもあるのかと思ってたんですが、やっぱり始末されてしまいました。

というか沙慈は恋人とも決別して、その上お姉さんまで亡くすとか、可愛そうすぎますね(;´Д`)
立ち直るスキがない。
なんとなく後半はキーキャラになるというかなって欲しいので、頑張ってもらいたいです。


王留美の目的
要するに「この世界キライだから、壊れて欲しい」って事でしょうか?
やってる事は割と過激なんですが、その理由は割とありきたりでした。
CBの脇役にまでスポットがなかなか回ってこないせいか、なんで世界がキライなのかとかは現時点では語られてませんね。
語られる日は来るのかも怪しいですけど。
まぁ、戦術予報士とこの人の存在価値は今んところ胸にしかないので、いるだけでOKって事ですかね。
スメラギさんはどんどんキャラが薄くなっていくなぁ・・・。

ああ、そういえばトリニティ長男のあの半ズボンはどうかと思うのはオイラだけですか?


新型機vsトリニティ・・・(´Д⊂
というわけで新型への当て馬はトリニティに割当られました。
ちょっと前に鳴り物入りで出てきて、好き勝手やりまくって敵対フラグ作りまくって、
「またガンダムファイトかよ」
と思った人も少なくないと思うんですが、違う意味で期待を裏切ってくれました。
トリニティがやった事
・合同演習に鳴り物入りで途中参加
・ユニオン、AEU、人革連の基地強襲(人革連は撤退)
・ユニオンの民間主力工場強襲
ルイス一族の結婚式に八つ当たり

こんな所でしょうか?
登場してからの期間が短いので、やってる事も少ないですねぇ。
あんだけ高性能を謳っていたファングも撃墜される為だけに存在する感じになってきましたし、一気にヘタレ化が進んでますね。
あと新型はナドレに無力化される姿がハッキリと見えます。


黒幕はライオン丸
えええええええ。
意外といえば意外ですけど、なんか展開が早急すぎませんか?
ちょっと前まで普通に監視者してたと思ったら、突然の裏切り発覚です。
ベーダにどうやってアクセスしたのかが気になってましたけど、アムロがアクセスして改竄したみたいですね。
ライオン丸はアムロに踊らされてるだけっぽいですね。

SEED運命のラスボスはシャアで、ダブルオーはアムロって事ですね。


お久しぶりです、コンニチワ。
基本的に仕事の休み時間に殆ど更新をしている当サイトですが、先週はガチで忙しかったので更新できませんでした(;´Д`)
更新厳しい文章だけでも書こうかな→ログイン→放置→仕事忙しくて疲弊→帰り際に思い出す→どうでもよくなってそのまま帰る。
という感じでした。
後一歩だったんですけど、なかなか惜しかったです。
何が惜しいかは置いといて、そんなこんなで先週は気付いたら金曜でした。

今週はそこまで凶悪ではないので、更新できるカナー。
その前にまずネタがあんましないんですが、そこらへんは何とか採取してきます。

そういえば、先々週から仮面ライダーキバが始まりました。
テレビ朝日公式
東映公式
個人的に注目なのは、斬鬼さんが出る事ですね。
今週、最後の最後で出てましたけど来週出るワケではなさそうです。

またケツ出すんだろうか。という所にウェイクアーッ(略
そうそう、今週は響鬼に出てた、みどりさんが敵として出てましたけど、この人こんなにも台詞棒読みでしたっけ・・・?という位棒読みなんですが気のせいでしょうか?
過去モードの主人公がアレなんで、1980年代はみんなあんな喋り方だったのだと自分で勝手に納得しています。

先週と今週見てた限りでは、過去と現在との繋がりが重要ですよね。
過去と現在を繋ぐ最重要キーが怪人なんですが、2週連続で22年前の怪人を取り逃がす→現代で倒す。
っていうパターンなんですけど、今後も取り逃がしまくるんでしょうか・・・?
今んとこハント率0%なので、今後は頑張って欲しいですが、頑張ると現在へ繋がらないというジレンマ。どう収集つけるんだろう。
収集付かないままグダグダになりそうな気もしますけど。

とまぁ、解説は専門サイトにお任せして、やっぱし電王と比べてしまいますね。
一昨年のカブトは終わり方が最悪の部類にだったので、電王は最初からカナリ楽しめたんですけど、今年はそういう面ではかなり厳しいかもしれませんねぇ。
それでも、物語が完結した電王とはじまったばかりのキバを比べるのはアレな気がするので、純粋に楽しみたいと思います。

そういや電王はVシネになったり、FLASHアニメになったりと凄いですね。
そして全部買うお金は到底ないので、マジでどうしようかなー・・・。
俺誕生のディレクターズカット版は買います!
でも、ファイナルカット=ディレクターズカットなのかが判断できないので、予約が出来ないのであります!!(´・ω・`)

↑このページのトップヘ